スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネジは締めすぎるとゆるむ??





ネジは締めすぎるとゆるむ??


昔から『ネジは締めすぎると緩む』と言われます。

これはわたくしどもが諸先輩方によく伺った言葉です。

ねじを扱うものの常識のひとつになっています。



実際にはどうでしょう。

確かに締め付けるトルクを上げれば、強く締まります。

「締め付けトルク」と「軸力=締結力」は正比例します。

「緩みに強くするためにトルクを上げること」自体は正しいと考えられます。



締め過ぎるとどのような現象が起こるかというと、相手材や被締結物にも変形等の影響がでてきます。

陥没や変形、被締結物のクラックなどといったものは「締結力=軸力」を吸収して減少させます。

締結力が減少したネジは軽い振動で緩んできます。



当然のことながら「適正トルク」というものがあります。

ネジが破断しなければよいとか空転しなければよいとか…。

しかし、そのような単純なものでは無いように思えてきます。

つまり相手材の強度/降伏点を考慮し、またその他の締めつけ条件にも合った設定を行うことが「本当の適正トルクの設定」となり得るのでしょう。



ネジと相手材との関係は、ねじ込み試験などで締付け試験を行えば、ねじ単体に関するねじ込みトルク・破断トルクのデーターを作ることは可能です。

そのデーターを元に、相手材の材質や変形の可能性を考慮した上で「締め付けトルク」を決めていく必要があるのでしょう。

特に樹脂や柔らかい素材や複数の材料にねじを締結する場合は、トルク設定を考慮したほうがよいと思われます。



また、相手材に合ったネジを選択することでそうした変形による緩みに強くする方法もあります。


当社にご相談ください。


お問い合わせはサノハツホームページ
http://www.sanohatsu.co.jp/


ねじは締めすぎると緩む
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。